4OT NBAスター列伝〜ティム・ダンカン〜

Hey, guys! What’s up?

皆さん、こんにちは。

バスケフリークえんさんです(^^)

この3連休みなさんはいかがお過ごしですか?

僕は3週間ぶりくらいにバスケをしてきました!

久々すぎて、足動きませんね、、、

すでに筋肉痛です、はい(- -;)

でも、やっぱ楽しいですね!バスケは。

2017年の目標は

「バスケでそこそこ活躍できるように鍛える」

に決定しました(笑)

さて、今日は、今回で4回目となりました

あのシリーズであります!

NBAスター列伝!

古今東西、様々なレジェンド選手や

現役のスター選手を紹介していくこの企画!

今日は、スパーズ一筋19年!

地味だけど、粋な仕事っぷりでおなじみの

「ティム・ダンカン」

Tim Duncan

Tim Duncan(ダンカン)

credited by miu3112

1997年のドラフトにて

スパーズから全体1位指名を受けてプロ入り後

キャリア19年の間に、

5度の優勝と、3度のファイナルMVP、

オールスター選出15回

オールNBA1st チーム選出10回

と、華々しい成績を残しており、

付けていた背番号21は

スパーズの永久欠番にもなっています。

実績だけ見れば、申し分なく

史上最高のパワーフォワードと

呼ばれるにふさわしいが、

いかんせん華がない(–;)

(スパーズファンの方ごめんなさい。)

どうしても、大多数のファンは

派手なプレーで魅了してくる

コービーやシャック、カーターなどに

注目してしまっていたのではないでしょうか?

まぁ、かくいう私もその一人です(笑)

その地味で、堅実なプレースタイルから

”The Big Fundamental”

の愛称で、親しまれていました。

ここでの、キーワードは

“fundamental”

fundamental/fʌ̀ndəméntl/:(形)根本的な、基本的な

あえてカタカナで書くとすると

ファンダメンタルですかね(^^)

basic と同義です。

ちなみにですが、最後に “s” をつけると

名詞になります!

fundamentals:(名)基本、根本、原理

その他には、名前の Tim にちなんで

“Timmy”

とも呼ばれていましたね(^^)

こっちの方が可愛らしくて良いですね。

ちょっと似つかわしくないかもですが(笑)

パーカー、ジノビリと共に

BIG3を形成し、

スパーズ王朝を築きました。

ちなみに「王朝」は英語で

“Dynasty”

(ダイナスティー)

です(^^)

“Spurs Dynasty”

かっこいいですよね!

ちなみに、スパーズは

ダンカン加入以後

19年間連続で

プレイオフに出場しています!

これは凄まじいことなんです(–;)

ずーっと強さを維持しているってことですからね。

普通は浮き沈みがありますから。

こんなチーム他にないです(笑)

選手だけでなく、フロント陣も

優秀だということですねきっと(^^)

ダンカンのキャリアTOP10プレイの

リンクを貼りますね。

是非、ご覧ください!

個人的には派手ではないダンカンを始め

地味めだけど強いスパースが好きではありません(笑)

ただ、ダンカンの成績だったり、チームとしての

強さや運営は素直に尊敬しますね。

またこうしてレジェンドが

コートから去っていくことが

寂しくてたまりません(T_T)

ダンカンに感謝の気持ちを表して

今日は終わりたいと思います!

Timmy! Thank You!!!

Alright! That’s all for today!

今日はここまで!

また次週お会いしましょう(^^)

See you next quarter!

良ければ、下のボタンをポチッと押してください(^^)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする